あかしゃブックスのページ

阿迦奢Books ストア

 阿迦奢Booksストアは,個性的なオリジナル電子ブックを販売しております。

 じっくりとお読みいただくもの、思いついた時に気楽に読んで頂けるものや眺めてお楽しみ頂けるもの、と、それぞれ特色は異なりますが、いずれも「読む」ことを楽しんで頂くことのできる作品の提供を目指しています。

 阿迦奢Booksストアがお届けする「読むコンテンツ」をどうぞご覧ください。

阿迦奢Books

 阿迦奢Booksは、連載読み物や、小文集などの書籍を電子ブック形式で発行するブランドです。当サイトで掲載している作品も、今後、回を重ねました折には阿迦奢Booksとして発行する予定でございます。

 また、今後の企画ではありますが、本格的な写真集を発行する準備もいたしております。

 その他、将来的には譜面の販売等も行っていきたく、その整備を進めております。

 阿迦奢Booksの今後の展開をどうぞお楽しみに。

Amix-Soundworks Magazine

 Amix-Soundworks Magazine は、雑誌感覚でお楽しみ頂ける読み物をラインナップしているブランドです。

 Photobookは、写真と文章で構成されたカジュアルな写真集です。

 作品創りの様々なシーンで必要となる映像や写真の素材は、各地で撮影を重ねて制作をしておりますが、そんなロケの一コマをご紹介しているのが、MiniPhotobookです。へぇぇ・・・と思って楽しんで下さい。

 My Monologeuは毎週更新の筆者の勝手な独り言です。どんな独り言を言っているのか、ぜひ冷やかしてみて下さい。

 また、Mini-Monologueは不定期にお届けしているメールマガジンで先行してお読みいただける小文です。

阿迦奢らうんじ会員・限定コンテンツ

連載読み物

 連載読み物・『サヨナラは言わない』は、井上堯之というミュージシャンについて、公私に亘って過ごしてきた11年間と、その間に出合った様々な事象を、連載で綴る電子ブック形式の書籍です。現在も執筆中ですが、準備が出来次第、販売を開始いたします。

...

PhotoBook

 PhotobBookは、おとなの絵本のようなオリジナル写真集です。現在、各地でロケを敢行しておりますが、そこから選りすぐった写真に小文を添えたPhotobookとして販売していきますのでどうぞご期待下さい。阿迦奢らうんじ会員の方のみがご購入可能なスペシャルコンテンツです。また本格的な写真集も企画しております。


Mini PhotoBook

 Mini PhotoBook は,阿迦奢らうんじ会員が閲覧できる,1ロケ・見開き2ページの見やすい構成のコンテンツです。各地でロケをしていますが、自然の美しさ、残酷さ、恐ろしさと素晴らしさを毎回のように感じています。時には思ってもみないような展開に、唖然!とすることも多々あります。珍道中・・・にするつもりは無いのに、珍道中になってしまう事も・・・。そんなロケ現場の空気感を写真と文でご紹介しています。

  • PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.13の表紙

    PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.13

  • PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.12の表紙

    PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.12

  • PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.11の表紙

    PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.11

  • PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.10の表紙

    PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.10

  • PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.9の表紙

    PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.9

  • PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.8の表紙

    PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.8

  • PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.7の表紙

    PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.7

  • PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.6の表紙

    PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.6

  • PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.5の表紙

    PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.5

  • PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.4の表紙

    PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.4

  • PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.3の表紙

    PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.3

  • PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.2の表紙

    PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.2

  • PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.1の表紙

    PhotoBookで綴る制作日誌 Vol.1

一般会員の方向けコンテンツ

PhotoBook

 一般会員の方もご購入いただけるPhotoBookは、気軽に本格的な写真をお楽しみ頂くことの出来る写真集です。

  ロケで撮影した様々なシーンに、文章を添えたミニ写真集とも言える作品集です。現在もロケを続けておりますが、まだまだ写真の数は不十分です。しかしながらロケを重ねる度に新たな発見をして、そこに喜びを見出し、また今後の企画を模索しながら自然の中に飛び出して行く日々を過ごしています。

 今後も色々な企画を進めて行きたいと思っております。皆さまのご感想も歓迎いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

PhotoBookリスト


My Monologue

 一般会員の方が閲覧できるMy Monologueは,筆者が思いつくままに書いている、毎週更新の小文作品です。日々の暮らしの中で、ふと気づく不思議なこと、当たり前のように見過ごしては来たけれども、良く良く考えると、なんだか変だな、と感じたことなど、テーマは定めずに思うままに書き連ねた小文です。個人の独りよがりな言い草も、思い込みの主張も、Monologue(独り言)ゆえの事と笑ってお読み頂けましたら嬉しく思います。毎回異なるタイトル・カバーもどうぞ、お楽しみに。

ちょっとした空き時間にでもチェックして頂ければ、幸いです。

  • キツネとタヌキ

    キツネとタヌキの表紙

    意図的な標準平均

  • カッコいい とは?

    カッコいい とは?の表紙

    F2.0

  • コマーシャル

    コマーシャルの表紙

    第三のお友達

  • 梅雨

    梅雨の表紙

    消えて行く言葉

  • てくてく

    てくてくの表紙

    文化の鎖国

  • 樹海点景

    樹海点景の表紙

    彷徨すらも包み込む

  • 中途半端な

    中途半端なの表紙

    ステレオ・タイプ

  • マイ・バッグ

    マイ・バッグの表紙

    アンバランスなモダニズム

  • 西域

    西域の表紙

    憧れのシルクロード

  • 通過儀礼

    通過儀礼の表紙

    ビッグ・ホイール

  • 光と陰

    光と陰の表紙

    気づきの光

  • ギョーカイ言葉

    ギョーカイ言葉の表紙

    バブル・バースト

  • 専業主婦と〝家付きカー付きババア抜き〟

    <span>専業主婦と〝家付きカー付きババア抜き〟<span>の表紙

    ポスト・ローカル・マキシマム

  • 電話・今昔ものがたり

    電話・今昔ものがたりの表紙

    今だにスマート・「Phone」?

  • 夜に

    夜にの表紙

    夜食は,さび抜きで!

  • 時間

    時間の表紙

    無色透明な幻影

メンバーズ・ルーム「読む」にて掲載中。

Mini Monologue

Mini Monologueは、メールマガジンに掲載されている短文です。テーマを定めず、拘らずに自由な文字を綴ります。

迷い道

二河白道のたとえ

~ 迷って進め ~

 お盆だから、という訳ではないのですが・・・。ふと思ってみたことです。

 長い道のりを西に向かう旅人が歩いていると、突然目の前に二つの河が出現する。南には火の河、北には水の河。二つの河幅は果てしない。その間にわずか幅が四〜五寸(12〜15センチ)ほどの一筋の白い道があるのみだ。白い道には南北から火と水が迫り、東へ引き返そうにも盗賊や恐ろしい獣が迫っている。逃げるためには白い道を通るしかないが、あまりにも細くて、心もとない。その時、東の岸からためらうことなくこの道を進めと声がする。と、西の岸からも躊躇わずにまっすぐに来れ、と叫ぶ声がする。この人は、東と西からの声に励まされ、脇目もふらずにその道を信じて進んだところ、間も無く西の岸に辿り着くことができたのだった。

 これは「選択本願念仏集」(法然上人・著)に収録されている喩えの一節です。お分かりのことと思いますが、火や水や盗賊や獣などは、人間の心に起こる怒りや貪りの心や憎しみを喩えたものです。貪りや怒りの心は盛んなので、水や火に喩えられるのですが、その中にもほんのすこしだけ、微かですが、真っ当な正しい心も存在しているとして喩えられるのが、この幅四〜五寸ほどの白い道なのです。しかし、火と水が荒れ狂う河の真ん中の、僅か四〜五寸ほどの道を行くには勇気と信念と覚悟が必要になるでしょう。それは、何かをする時、真っ当な正しい心を持ってすることはなかなか難しいものだ、ということをも伝えてくれているのです。なし難い事よりは、楽な方法を、また、自分の有利・不利を優先しようとしてしまうのが、私たちの正直な心なんだと思います。

 人の世にいつも存在する、避けては通れない争い事、迷う事、などなど。その中にあっても常に、通るには困難な〝白い道〟は存在しているのだと思います。通るには大変ですが、たとえ通れなかったとしても、〝白い道〟がある、ということを思って過ごしていきたいと考えた、今年のお盆でした。

 ですが・・・。難しい・・・のですよね、私のような凡人には。

Mini Monolugeのページに移動

過去の記事はこちらからお読みいただけます。

阿迦奢BooksおよびAmix-Soundworks Magazineの閲覧・ご購入には会員登録が必要です。

一般会員は無料で会員登録できます。
なお、阿迦奢らうんじ会員限定コンテンツにつきましては、「阿迦奢らうんじ」へのご入会が必要です。

「阿迦奢らうんじ」は、ワンランク上の雰囲気をお楽しみ頂ける会費制のデジタルラウンジです。
詳細につきましては、「魅惑の阿迦奢(AKASHA)らうんじ」をご参照下さい。