Amix Soundworksのトップページへ移動

更新日: 2021/06/21

時間

時間の写真

先日、古い友人と話をした。友人は私と丁度10年、歳の開きがある。彼女がしみじみと言った。「最近、時間が経つのが早くて早くて。ついこの前お正月だと思ったのに・・・。」私は悠然として答えた。「まだまだ。私はついこの間、おととしのお正月だったような気がするのよ」。

もう随分以前のことになるので詳細は忘れてしまったが、ある実験があった。20代、40代、60代、80代位だったろうか、数人編成のグループを作る。公園の、時計が見えない角度に椅子を置き、それぞれのグループに5分だったか7分だったか、兎に角一定の時間が経ったと感じたら椅子を立って公園から出てください、と指示をする。この種の実験の常として、実験中は同グループ、他のグループを問わず、一人が実験している間はその他の人たちは別の場所で待機していて実験の様子を見ることは出来ない。実験が終了して得られた結果は、若い年代のグループほど実際の時間より長い時間を椅子で過ごし、年代が上がるにつれて定められた時間よりも早く公園の外に消えて行く傾向があったそうである。

子どもの頃を思い出すと殆どの人が首肯すると思うが、例えばおやつの時間を待つ間の長かった事、楽しみな外出をするまでの時刻が来るのが遅かった事などなど。ところが、早く経つべき時間を持っている筈である私の現在の年代にも関わらず、無為に過ごす時間の長いこと。曰く、病院や銀行などの順番待ちの時間。この相反する時間の長短はどうしたことなのだろうか。

年齢を経るにつれ、時間に対する感覚が通過する編み目のようなものがだんだんと粗雑になり、時間の経過に対しても感覚が鈍くなっているのであろう。一方では、忍耐力や集中力の低下、そして物事への批判性の先鋭化などが加速されて行く。つまり〝年寄りは堪え性がない〟と言われる所以である。尤も私自身は自分をまだそこまでの年寄りだなどとは金輪際、思っていない。そこへ特に楽しくもなんとも無い、順番待ちのように無為に時間を過ごさねばならないということへの不条理(では無いのだろうが、そう感じてしまう)が加わって、時間の経つのが遅く感じてしまうのであろう。

もとより時間は何人にも平等で、この年齢の人には早く経ってやろうとか、この年齢には遅くなってやろうとか考えてやっている訳では勿論ない。そんなことをしたら、老人と子どもとが一緒にいたらどうなるだろう。時間の方ではどうしたら良いのか戸惑うことしきりではないか。人間が勝手に、歳をとったら時間の経つのが早くなっただの、若い頃には遅かっただのと言っているだけなのだ。時間にとっては知った事ではなく、人間の勝手で早くなったり遅くなったりされて、むしろ迷惑千万な話である。

ところがこの何人にも平等だ、と思われている時間について疑問がある。そもそも時間の経過という事自体、というか〝時間〟という、そのもの自体はこの世に〝存在〟しているのだろうか。いやいや、ちゃんと歴史と言うものがあるじゃないですか、宇宙の、天体の動きに従って決められたものではありませんか、と言われる向きもあろう。ちょっと待って頂きたい。そもそも歴史はすでに発生した事象を巡って〝過去〟を知る事なのだからある意味当たり前のことであるし、天体運動への理解なども人間が(これも勝手に)求めたものと言える。結果として、そこに〝時間〟という概念が生まれたのだと思う。

概念という以上、対象を認知していることが必要だ。例えば目の前にコップがある。眼を開けていれば健康な人間ならコップはそこに〝在る〟はずだ。その状態で眼を瞑る。コップは見えるだろうか。これで見えればTVにでも出て有名になれば良い。普通は見えなくて当然だ。なぜ見えるかといえば、眼だか脳だか、兎に角ある器官がコップを〝認知〟しているから見えるのである。大雑把で乱暴な言い方だと思うが、認知する者が居なければ、何物も〝存在〟しているとは言えないのではあるまいか。余計な話だが、物体は粒子の集まりであり、粒子には意志がある、という研究がアメリカなどでなされていて、その研究を特集した番組では、私たちが眼を閉じている間、あるいは眠っている間、つまり物事を認知出来ない状態にある間にコップは勝手にテーブルを離れて月にでも行っていて、眼を開けた瞬間に元の位置に戻っているのかも知れない、というオチが付いていた。認知という側面から見れば、時間とて認知する者があってこその〝時間〟であって、例えば地球が消滅したとして、その後にも時間は存在するのだろうか。どうもそうは思えないのである。認知する人間が消滅すれば、その人にとっては全てのものがその人自身と同じく消滅するだろう。時間とて例外ではない。ならば地球そのもの、もっと言えば宇宙そのものが消滅したとしたら・・・。時間だけが存在するとは思えない。全てはそこで「ハイ、おしまい」なのだ、と思う。

〝太古よりの時の流れ〟とか、〝時は流れて幾星霜〟とか言うように時間はよく川の流れに例えられていて、ヨーロッパでは「同じ河に入ることは出来ない」という言い方もあるそうだ。鴨長明の「方丈記」にもある。「行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」まさに然り、である。つまりこれは諸行無常・是生滅法のことなのだ。常に変わらずにいる物はなく、生まれては滅するの繰り返しであるということを言っている。時間というものが〝在る〟と仮定すれば、これもまた同じように考えられるのではないだろうか。あの頃に帰りたいと思っても時間を遡及する事は不可能である。時間も川のように常に流れていて、1秒、何分の1秒、何十分の、何百分の、何千分の1秒前にも戻れないのである。そこに認知する者がある限り、という但し書きをつけたいと思う。その決して同じ河には入れない世界に私たちは生きているのである。せめて〝認知〟できている間は、〝流れている〟時間をせいぜい大事に生きたいものだ。

確かにこの頃、時間が経つのが早くて困る。若い頃には午前中に5つ出来ていたことが最近は3つ位しか出来なくなった。ああ、歳をとるとはこういうことか。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・。

初稿: 2020/05/10

夜に

このところパソコンでの作業が深夜にまで及ぶ事がよくある。元々が夜型人間で…

「日本植物学の父」牧野富太郎博士のこと

メンバーズ・ルーム「読む」に掲載している駄文「My Monologue」…

人気の記事

光と陰

新型コロナウィルス感染症防止の為、緊急事態宣言が発令されて以降の撮影はあ…

年相応

5日ほど前の撮影ロケで膝を痛めた5日ほど前の撮影ロケで膝を痛めた。東京は…

菌類+藻類=地衣類

子どもの頃、キノコを見るのが好きだった。猫額大の庭で、普段は陽のあまり当…

大麦小麦二升五合

ある山奥の村に信心深いお婆さんがいました。畑仕事の合間に、村のお寺で偉い…