Amix Soundworksのトップページへ移動

更新日: 2021/07/25

何れ菖蒲か杜若

何れ菖蒲か杜若の写真

近頃は諸事早め早めの循環に陥っているようで、早くもハナショウブやアヤメ、カキツバタなどの〝雨に似合う花々〟が咲き揃っている。どうにもこうにも撮影が間に合わない。5月5日の端午の節句にはハナショウブを飾り、ショウブ湯に入るという古くからの慣わしがあるがこれはもとより旧暦でのこと。新暦でいうと6月中旬に当たるので、本来は梅雨時を盛りとするはずの花々である。季節が旧暦に近くなっているこの頃、戸惑うことしきりなのである。ところでこのアヤメ菖蒲)とハナショウブ(花菖蒲)とカキツバタ(杜若)、一見して区別をつけられる方は一般の中ではどのくらい居るのだろうか。

アヤメとハナショウブとカキツバタ、花びらと葉脈によって見分けるとのことだが、見分けやすい花びらの特徴で簡単にご紹介したい。
* アヤメ・・・・花びらの付け根に網目模様(虎斑模様)があり乾地に生育。
         漢字で書くと菖蒲。
* ハナショウブ・花びらの付け根に黄色い筋が入り乾地湿地の両方で生育。
         (菖蒲湯のショウブはサトイモ科。花はガマの穂に似ている別植物)
         葉がショウブに似ている為、ハナショウブと名付けられたようだ。
* カキツバタ・・花びらに白い線が入り完全な湿地に生育。
* アイリス・・・ヨーロッパ原産で、アヤメと似ているが花びらの真ん中に幅広の黄色い斑がある。

見分けがつき難いという例えに「何れ菖蒲か杜若」があるが、それは「五月雨に沢辺の真菰水超えて いづれ菖蒲と引きぞ煩ふ」という源頼政の歌に基づいたものだ。鵺退治の褒賞で、菖蒲前(あやめのまえ)という美女を賜ることになった時。後宮の美女12人の中から目指す菖蒲前を選び出せと命ぜられ、見分けがつかずに詠んだ歌、とされている。近頃はこれにアイリスという洋種が加わり、迷いも国際的になってきた感がある。

同様にボタンとシャクヤクも見分けに迷う。見分け方は葉の先が3つに別れているのがボタンだ。「立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という例えも良く知られているが、例えのイメージ、対象がどちらも〝美しい女性〟としている事が興味深い。

初稿: 2021/07/04

花の首飾り

「花咲く 娘たちは、花咲く 野辺で ひな菊の 花の首飾り・・・」。(「花…

菌類+藻類=地衣類

子どもの頃、キノコを見るのが好きだった。猫額大の庭で、普段は陽のあまり当…

人気の記事

専業主婦と「家付きカー付きババア抜き」

掃除機を掛けながら何から連想したのか、専業主婦のことを考えていた。20代…

西域

書き出しからの唐突な漢詩(七言絶句)であるが、西域(シルクロード)につい…

光と陰

新型コロナウィルス感染症防止の為、緊急事態宣言が発令されて以降の撮影はあ…

「日本植物学の父」牧野富太郎博士のこと

メンバーズ・ルーム「読む」に掲載している駄文「My Monologue」…