Amix-Soundworks
- About US -

本サイト及びその制作・運営者などに関する紹介ページ。
サイトの骨格となるシステム設計・構築、コンテンツに必須の写真、
音楽、読み物など、サイトのプロデュースと運営に携わる各スタッフのプロフィールです。

新しい文化を創造する空間音楽

 ー新しい文化の創造ー。それは音環境の改革です。このサイトで紹介する「空間音楽」はその序章となるべきものであり、ここで扱っているコンテンツを通じて、空間音楽の啓蒙と普及を目指し、さらには現在確立している「波面合成法」による〝波動録音〟を広く周知させる事で、多くのアーティストが波動音楽を発表出来る機会を提供してゆく事です。心地良い響きが充す空間は、精神を安定させることが期待されます。デジタル音楽を離れ、居ながらにして自然の中に身を置く音環境を開拓・発表してゆきます。それに並行して、現在残されている、優れた音楽遺産とも言える楽曲をアーカイブする場にも成してゆきます。これらの目標の基盤は、アーティストとその活動に多く預かるところがあります。そのため、当サイトの基本的姿勢はアーティストとその活動を大切にする事にあります。最先端の技術と優れたアーティストが新しい文化を創造する力を持つと考えています。

大橋 恵伊子 - Eiko Ohashi -

1953年生・東京都出身
プロデューサー

 2009年、井上堯之の個人事務所としてAmixを創設、マネジメント業務を開始する。
 2015年、音楽出版社の業務開始にあたりAmixを法人化し、株式会社 Amix 設立。以降、2018年4月までライブの企画・開催、CD制作などを行う。井上堯之逝去後、作品のアーカイブ化のため、新部門としてAmix-Soundworks 創設。サイトの運営、及び連載・小文などのコンテンツの執筆にあたっている。

実績

音楽制作:「COMEBACK」(2009.1),「ひとりうた/旧友」(古市幸弘)(2017.8),「The Guitar」(2016.3),「Takayuki Inoue Solo Live」(2019.5),「The Guitar II」(2017.5)

映像制作:「ALL ALONE 2015」(2016.3)

勝本 道哲 - Michiaki Katsumoto -

1965年生・東京都出身 工学博士
サウンドデザイン、システムエンジニア

 これまで研究を重ねて来た超臨場感をもたらす立体音響技術を基盤として、技術的に更に進んだ「空間音楽」を、新しいライフスタイルとして提案する。このサイトでは、サウンドデザイン、独自の視点を持つ映像のクリエイト、音楽編集等を主に勤める。また当サイトのシステムエンジニアとして、サイト全体のシステム構築を行なっている。
 2015年に自身の開発した「波面合成法」による〝波動録音〟にて、井上堯之のCD「The Guitar」「The Guitar II」でレコーディングエンジニアを勤め、同CDのサウンドデザインを手掛ける。波面合成法による音楽CDの制作は世界初の試みとなった。

実績

映画:「ソレダケ/that’s it」(2015.5)(サウンドデザイン),「シャニダールの花」(2014.2)(音楽),「蜜のあわれ」(2016.9)(サウンドデザイン),「パンク侍、斬られて候」(2019.4)(サウンドデザイン)

片野田 斉 - Hitoshi Katanoda -

1960年生・東京都出身
米国写真通信社Polaris Imagesメンバー
フォトグラファー

 2013年から2018年の5年間に亘り、井上堯之の写真を撮影。このサイトへも写真提供をしている。報道カメラマンとして、イスラマバード、パキスタン、アフガニスタンなど紛争地域での写真取材など行い、欧米主要メディアに掲載される。
 また、元・ハンセン病患者である山内定・きみ江夫妻への2年半に亘る取材を基にした著書「きみ江さん ハンセン病を生きて」は全国学校図書館協議会、日本図書館協会などの選定図書となる。

実績

東日本大震災記録写真展「日本!天晴れ!」開催(2012.3 東京),写真集:「生きるって、楽しくって」発売 (2012.9),著書:「ニーハオ!わたしはチューチン」(2015.1)産経児童出版文化賞・大賞受賞(2017),「きみ江さん ハンセン病を生きて」出版(2015.2)
片野田 斉 オフィシャルサイト:http://h-katanoda.com

アーティストクレジット

大橋恵伊子(テキスト、イラスト、アセットデザイン)
勝本道哲 (サウンドデザイン、フォト&ビデオグラフ、ビデオエディット、アセットデザイン)
片野田斉 (フォトグラフ)

パートナーアーティスト:

豊崎竜信(株式会社 RUN&GUN)(フォトグラフ)https://www.run-gun.co.jp

このサイトをご覧になったアーティストの方々へ:
 本サイトの方向性・性格をご理解下さり、本サイト内でご自身の作品を販売したいアーティストの募集を予定しております。